亀や薬(婦人漢方薬)

かめや実母散

亀や薬の歴史は少なくとも140年、日本の婦人漢方薬ではもっとも古い歴史を誇ります。
更年期障害に対するホルモン補充療法が乳がんの発生に関係があることから、欧米でも漢方薬への期待が高まっています。もともと日本では血の道の薬として、更年期障害、冷え性、生理不順、生理痛、頭痛、産前産後の神経衰弱、便秘、肩こり、耳鳴り、めまい、風邪の引き始めなどに用いられ今日まで親子代々に渡って愛用していただいている薬です。婦人漢方薬となっていますが男性でも服用できます。最近の研究で痴呆に効果のある薬草も含まれていることがわかったりもしています。

センキュウ、ボタンピ、トウキ、カンゾウ、シャクヤク、ダイオウ、ブクリョウ、センコツ、ソウジュツ、ベニバナ、ケイヒ、モッコウを配合しています。同様の配合を漢方専門店でしていただかれるとおそらくかなりの高額になると思いますが、亀や薬は長くご愛顧いただくために大変お求め易い価格設定をさせて頂いております。

効能・効果

■亀や婦人薬

血の道、頭痛、月経不順、月経前後の下腹疼痛、産前産後、肩のこり、下腹腰足の痛み、冷え込み、のぼせ、耳鳴り、めまい、むくみ、神経衰弱、ヒステリー、ひきかぜ、子宮病、子宮出血

■かめや実母散(顆粒)

更年期障害、血の道症、月経不順、冷え性、及びそれらに伴う次の諸症状:
月経痛、腰痛、頭痛、のぼせ、肩こり、めまい、どうき、息切れ、手足のしびれ、こしけ、血色不良、便秘、むくみ

用法・用量

■亀や婦人薬

大人1日1袋を3回に服用、はじめの2回は1袋に1合(約180ml)の熱湯を加えて振り出し、3回目は水1合5勺(約270ml)を加え約半量に煎じ、空腹時に服用する。
15歳以下7歳迄は大人の半量宛服用する。

  1. 振り出し、又は煎じた後、容器の底に粉末があってもそのまま服用して差し支えありません。
  2. 振り出し後、薬の液の色が少し薄い場合でも、成分、効能には変化がありません。
■かめや実母散(顆粒)

15歳以上・・・1回1包   11歳以上15歳未満・・・1回2/3包
1日3回、食間(空腹時)に水又は白湯にて服用して下さい。
(用法及び用量に関連する注意)

  1. 定められた用法、用量を厳守して下さい。
  2. 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

価格

30日分 4,800円
15日分 2,600円
10日分 1,800円
お問い合わせ

PAGE TOP